全国野生生物保護活動発表大会

全国野生生物保護実績発表大会は

「全国野生生物保護活動発表大会」に名称変更して、新たなスタートを切ります!

全国の児童・生徒の野生生物保護活動の取り組みを発表する「全国野生生物保護実績発表大会」は、1966(昭和41)年に開催されて以来、令和元年度までに54回、回を重ねてまいりました(令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響等により中止)。第55回となる今大会は、実績のある活動だけではなく、活動に着手して間もない学校の取り組みも評価できるよう、名称を「全国野生生物保護実績発表大会」から

「全国野生生物保護活動発表大会」に変更しました。これに伴い、募集要領の内容も変更となります。

 

主な変更点はこちら

過去の大会の様子

2019年野生生物保護実績発表大会受賞者集合写真.JPG
2018年野生生物保護実績発表大会 (2).JPG

「第55回 全国野生生物保護活動発表大会」に参加を希望される学校は、下記の募集要領をご確認の上、直接日本鳥類保護連盟事務局にお申し込みください。振るってのご参加をお待ちしています。

―令和3年度 第55回 全国野生生物保護活動発表大会募集要領―

主催:環境省・公益財団法人 日本鳥類保護連盟

後援:文部科学省・林野庁

【大会開催の趣旨】

全国の学校の児童・生徒が行っている野生生物保護活動に関する情報を共有し、それぞれの活動の底上げを図ることに加え、児童・生徒に発表する機会を提供することによって、次世代の自然保護活動を担う人材を育成することを目的とします。

【応募資格】

全国の小学校、中学校および高等学校(学校内にあるクラブ・委員会等も含む)。団体(こどもエコくらぶ、緑の少年団、サークル活動等)は今回から除外します。

なお従来は、過去2年間の当大会での発表者、本年度の野生生物保護功労者表彰受賞者は応募対象外としておりましたが、今回からは、活動を行っているすべての学校が応募できます。

【募集対象の活動】

児童・生徒が中心となって活動を行っているものを対象とします。野生生物全般(動物・植物)に関する保護活動とし、次のいずれかに該当するものとします。

(1) 野生生物を守っていくための普及啓発活動

(2) 野生生物のための環境保全・管理・創出活動

(3) 野生生物保護につながる生態観察または研究活動

(4) 外来種駆除に係る活動

(5) その他、野生生物のために行っている活動

​【大会全体の流れ】

 

 

 

 

【大会参加の申し込み方法】

活動発表大会に申請を希望される学校は、以下の(1)から(3)の書類等を作成しお送りください。動画はデータ転送サービスでお送りいただくか、転送サービスの利用ができない場合は、DVD/CD-ROMでお送りください。

活動発表大会における発表は、児童・生徒によることにご注意ください。

 

(1) 活動発表大会参加申込書

※参加申込書のうち、活動概要、活動紹介の部分については動画とともにホームページへアップロードします。

(2) 活動を紹介する動画

(3) 活動の様子が分かる写真1枚(トップページに活動概要とともに掲載します)

 

書類は以下のURLよりダウンロードしてください。

【申込先】

E-Mail:katsudo☆jspb.org(☆は@に置き換えてください)

もしくは下記宛先まで

〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル3階

公益財団法人 日本鳥類保護連盟 活動発表大会係

TEL:03-5378-5691

※従来は、都道府県の担当部署にお申し込みをいただいておりましたが、今回からは、日本鳥類保護連盟事務局に直接、お送りください。

スケジュール.jpg

動画作成要領

以下の要領に沿って動画の作成をお願い致します。要領の内容に合っていないものは、製作者側で修正していただくことになりますので、あらかじめご了承ください。

なお、この動画は一次審査のためのものです。活動発表大会に出場する学校にはMicrosoft Power Pointで発表用ファイルを別途作成していただきます。

 

ア.動画の形式は、「.MP4」か「.MOV」のいずれかの動画形式で作成してください。動画はPower Pointファイルを動画に変換したものでもかまいません。保存する際は、標準サイズでお願い致します。

 

イ.動画の時間

 動画は3分程度で作成してください。

ウ.肖像権等

動画作成にあたっては肖像権、著作権(音楽や写真など)の問題が発生しないようご注意ください。

 

【動画及び活動紹介の公開先】

提出していただいた動画は今後も他の学校が参考にできるよう、学校からの要請がない限り、原則としてWebサイトに公開したままとなります。​掲載は当連盟ホームページ特設サイト、Youtubeを予定しております。

 

【応募期間】

2021年7月1日(木)から9月24日(金)

郵送の場合9月24日(金)必着

 

【動画と活動紹介のアップロード】

送っていただいた書類の中から動画と活動紹介を連盟のウェブサイトに順次アップロードしていきます。動画がアップロードされるまでには1週間程度かかる見通しです。

一般投票

ウェブサイトから一般者による投票を受け付けます。ただし、これは審査の参考とするもので、この投票によって結果が決まるものではありません。

投票期間:2021年9月28日(火)から10月14日(木)

※投票サイトの開設は、当連盟ホームページ、『私たちの自然』、Facebook、Twitterでお知らせいたします。

審査および表彰

応募いただいた学校すべてを対象に審査を行い、取り組みが優れていると認められた小学校、中学校、高等学校各3校を選出します。

 

【審査基準】

① 児童・生徒が自主的に活動しているか。

②「親しむ活動」、「理解する活動」、「守る活動」、「広める活動」ができているか。また、それらが計画性や継続性に配慮して行われているか。

(例)各学年ごとの取り組みを決めている、自分たちのやったこと・学んだことを下級生に伝えている、など

③ 活動が、「野生生物の保護」や「生息環境の保全」につながっていくものであるか。

④ 活動が、地元の方々と関わりながら協力が得られるものになっているか。

(例)地元の野鳥専門家・農業者・漁業者を講師として迎えた、地域住民にアンケート調査を行った、地域の集会で活動報告を行い保全の重要性をアピールした、など

⑤ 活動は、子供ならではの着眼点や創意工夫などが見られるか。

(例)保全対象と関係するかるたを作った、など

 

【表彰式・発表大会】

 選出された小学校・中学校・高等学校各3校について、表彰式および口頭による発表をしていただき、発表後は専門家によるアドバイスをいただくほか、参加校による意見交換会を実施します。

 開 催 日:2021年11月下旬

 開催場所:環境省 会議室

(東京都千代田区霞が関1-2-2第5合同庁舎)

 

※従来は、第一次審査会において本大会で発表する10校を選出し、本大会においては10校・団体の発表、当日審査、表彰式を1日にうちに行っておりましたが、今回からは、本大会当日は表彰式と9校の発表、意見交換会のみを行います。

 

【表彰について】

環境大臣賞3校(小・中・高各1校)、文部科学大臣賞2校、林野庁長官賞2校、日本鳥類保護連盟会長賞2校、を授与します。

【審査結果の内示】

審査結果はE-mailで各学校に内示します。

審査結果内示:2021年11月上旬

 

【表彰式・活動発表大会参加者に対する旅費について】

発表を行うために出席する者1名分の旅費(日本鳥類保護連盟の基準に基づく)を支給します。なお、それに加え、引率者が必要であると主催者が認めた場合は、引率者1名分の旅費を支給します。

新型コロナウィルスへの対応

活動発表大会では新型コロナウィルス感染防止のための対策を十分に行いますが、参加される児童・生徒、引率の先生方、保護者の皆様方におかれましても、十分な予防対策をとっていただくようお願い致します。当日発熱等体調不良がある方は入場をお断りさせていただきますので、予めご了承ください。

また、新型コロナウィルスの感染拡大状況によっては、表彰式・発表大会を中止する場合がありますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。