調査・研究

奄美大島における鳥類保護のための活動

オーストンオオアカゲラ.JPG
アマミヤマシギ.jpg
  2021年より日本鳥類保護連盟では、奄美大島の鳥類を保全していくために、NPO法人奄美野鳥の会と共同で調査をしていきます。
奄美群島は世界でここにしかいない固有種や固有亜種が多く生息する貴重な島々です。その中でもオーストンオオアカゲラ、アマミヤマシギにスポットをあてて調査を行い、保全のための生態解明により近づくことを目指します。
詳しくはこちら

コアジサシ(Little Tern Research Center

koaji (1).jpg
 コアジサシは国境を越えて渡りをするため、オーストラリア、中国、ロシア、アメリカとの間で結ばれている二国間の渡り鳥条約の中にもリストアップされており、これに基づいて、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)では、国際希少野生動植物種に指定されています。
 日本鳥類保護連盟では、これまで環境省によるコアジサシの全国調査や、情報交換のためのネットワークの構築、保護指針案の作成に携わってきました。

ワカケホンセイインコ

wakakeosumesu (1).jpg
ワカケホンセイインコに関する情報を募集しています
 ワカケホンセイインコは現在、東京都、神奈川県、埼玉県を行動圏にしているグループと、千葉県千葉市を中心としたグループ、群馬県前橋市を中心として分布するグループの3グループが知られています。東京都等を中心とするグループは1,000羽を超えるグループですが、ねぐら環境の変化もあり、主なねぐらであった東工大以外にも一時的にねぐらができていることが報告されています。このような変動期の分布情報は特に重要であり、今後のワカケホンセイインコの動向を把握していくうえでも多くの情報を蓄積していかなくてはなりません。どんな些細な情報でもかまいませんので、もし見かけられた方はご連絡のほどよろしくお願いいたします。