リトアニア国際協力事業報告2014

この事業はイオン環境財団の助成を受けて実施しています。

協同調査 

国際事業の一環で、リトアニア共和国においてコアジサシの協同調査を行いました。

日時:2014年6月23日~7月4日(滞在期間6月23日~7月5日)
調査参加者:室伏 友三 公益財団法人 日本鳥類保護連盟 専務理事  
      藤井 幹 公益財団法人 日本鳥類保護連盟 調査研究室長  
      Petras Kurlavičius  
      Ingrida Meškinytė
      Gvidas Laukaitis

繁殖地の視察

ペトラス教授の案内で、カウナスのコアジサシの繁殖地を視察しました。2番(つがい)と非繁殖個体合わせて8羽程度を確認しました。数日前まではもう1番繁殖していたとのことでしたが、水位が上がったために水に浸かっている状態でした。

船での探索

ネマン川周辺でコアジサシの営巣地を探すため、船で探索しました。
コアジサシの2つの小さなのコロニーと、1番が営巣すると思われる場所を確認しました。調査地間の個体数は
合計で20羽程度と予想されました。そのほか、アジサシのコロニー2ヶ所を確認しました。うち1ヶ所はコアジサシの
コロニーと隣接していました。

島での計測

カウナスでコアジサシが営巣している島の形状、高さ、巣の位置などを計測しました。2卵のコアジサシの巣は卵が1卵に減っていました。アジサシの巣が1巣増えていました(1卵)。

コアジサシの捕獲

カウナスでコアジサシの捕獲を行ないました。コアジサシの巣に罠を設置し、記録のため、ビデオも設置しました。

ジオロケーター個体の観察

カウナスでジオロケーター個体の動向を観察しました。
船の探索で確認したコアジサシのコロニーに行きました。島では卵が食い荒らされていました。リトアニアでは保護の必要性が住民に周知されていないために、レジャー客や飼い犬が営巣地に立ち入り、荒らしてしまうという問題があります。

調印式

7月3日にコアジサシ協同研究事業協定の調印式を行ないました。調印式の様子はこちらから
7月4日にリトアニアを発ち、7月5日に日本に到着しました。帰国後も、ぺトラス教授とイングリッダ氏によって協同調査は継続され、コアジサシの捕獲が行われました。
binocular_obi.png
top_banner_1Aa_01.png
simafukuro_banner.png
top_banner_tegusu.png
bp_banner.jpg

公益財団法人 日本鳥類保護連盟

TEL 03-5378-5691  FAX 03-5378-5693

〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル 3階

​-アクセス-

東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅下車 徒歩3分。

新宿方面から東高円寺駅改札口を出て階段を上り、左方向に歩くと環状7号線との交差点に出ます。交差点を渡らずに左折し、高円寺陸橋」バス停前のビルです。