コアジサシの渡り(北東ヨーロッパ)

Current Status of Little Tern Sterna albifrons in North East Europe: Regional Population Productivity, Threats, Migration Routes and Conservation Priorities

コアジサシは、世界に広く分布していますが、多くの地域で絶滅が危惧されています。北東ヨーロッパもコアジサシは広く分布しているものの、生息地はとてもまばらで減少傾向にあり、絶滅危惧種として保全対象となっています。調査対象地のリトアニア共和国も同様で、絶滅危惧種としてリストアップされていますが、詳細な調査は行われておらず、保全活動も実施されていません。本活動では、ヨーロッパ、特に北東ヨーロッパのコアジサシを調査し、保全することを目的として、リトアニア教育大学と協同プロジェクトを立ち上げました。リトアニア教育大学と協定を結び、今後10年間、協同調査を実施することを取り決めました。2014年、その第一歩として、リトアニアのコアジサシの分布を調査し、繁殖個体を捕獲してジオロケーターを装着しました。2014年は環境適地が少なく、飛来数がかなり少ない年ではありましたが、4羽を捕獲することができました。今後はコアジサシの現状をより詳細に把握しながら、装着個体も増やし、渡りルートの解明に取り組んでいきたいと思います。これによって渡りルートが解明されれば、越冬地、中継地など保全のために必要な情報を得ることができます。また、ユーラシア大陸の東端にある日本での渡りの特性と比較することで、世界的な視野での保全に取り組むことが可能になることが期待されます。

binocular_obi.png
top_banner_1Aa_01.png
simafukuro_banner.png
top_banner_tegusu.png
bp_banner.jpg

公益財団法人 日本鳥類保護連盟

TEL 03-5378-5691  FAX 03-5378-5693

〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル 3階

​-アクセス-

東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅下車 徒歩3分。

新宿方面から東高円寺駅改札口を出て階段を上り、左方向に歩くと環状7号線との交差点に出ます。交差点を渡らずに左折し、高円寺陸橋」バス停前のビルです。