愛鳥週間「全国野鳥保護のつどい」

「全国野鳥保護のつどい」とは?

「全国野鳥保護のつどい」は、愛鳥週間の中心行事として、また、日本鳥類保護連盟が力を入れている事業のひとつとして、連盟総裁 常陸宮殿下、同妃殿下のご臨席のもと、環境省との共催、文部科学省・林野庁の後援をいただき、全国から多数の参加者を募って開催しています。野生生物保護功労者表彰などさまざまな行事を行ない、野鳥保護の大切さを広く全国に発信しています。

1947(昭和22)年に「バード・デーのつどい」として第1回目が開催されてから今回で75回目を数えます。

5月10日から16日は「愛鳥週間」となっておりますので、野鳥をはじめとする自然環境保全・野生生物保護についての普及啓発に可能な範囲でご協力いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

2018年全国野鳥保護のつどい.JPG

​令和3年度 野生生物保護功労者表彰の結果発表

 

​野生生物保護功労者表彰とは、野生生物保護思想の普及啓発、保護のための環境管理、生態調査、研究活動などに顕著な功績のあった方々を表彰するものです。

令和3年度野生生物保護功労者表彰 受賞者功績一覧はこちらから>>

​​毎年、5月10日から16日は「愛鳥週間」BIRD WEEK

愛鳥週間とは…

1894(明治27)年、アメリカ合衆国ペンシルバニア州オイルシティー市の教育長を務めていたバブコック氏が、毎年4月10日に行なわれていた「植樹祭」と結びつけて小鳥を守ろうと、「バードデー」を考えたのが始まりです。

日本では、1947(昭和22)年に鳥類保護の実践と普及啓発を推進するため結成された鳥類保護連絡協議会(後の、日本鳥類保護連盟)により、毎年4月10日が「バードデー」と定められました。その後、4月10日では北の地方はまだ積雪があるということで5月にずらし、また、より多くの人に知ってもらうために、1950(昭和25)年に、5月10日から同月16日までの1週間とし、名称も「愛鳥週間(バードウィーク)」と改めました。