< Back

学校名:香川県立小豆島中央高等学校

小豆島中央高校の新校舎建設工事で、絶滅危惧種であるデンジソウが自生する湿地が埋め立ての対象となりました。そこで、本校では校地内に人工湿地を造成、デンジソウを移植することで、デンジソウを保護するとともに埋土種子を用いて湿地植生を再現しました。
 また、里山環境が残る中山地区では、近年、河床のコンクリート化・過疎化高齢化による放棄水田の増加がみられますが、その生態系への影響はよくわかっていません。自然科学部では、今年度、その現状を調査するため河川の生物調査を行っています。

デンジソウの保護活動では、絶滅危惧種であるデンジソウを人工湿地で栽培することに成功し、埋土種子を用いて湿地の植生を人工湿地に再現することに成功しました。また、人工湿地をつくることで、トンボやカエルなどの動物相の生息場所を造成しました。
里山の生物調査では、河川にヨシノボリやコオニヤンマなどの在来生物を確認できましたが、特定外来生物であるオオクチバスとウシガエルの幼生を確認しました。