< Back

学校名:静岡県立掛川西高校

静岡県磐田市の桶ケ谷沼は県内唯一のベッコウトンボの生息地である。近年その生息数が減少し、NPO 静岡県自然史博物館ネットワークの福井順治先生を中心に保護活動が行われている。
私たち自然科学部は福井先生のご指導のもと、その保護活動に参加している。実験室では、希少トンボの環境DNA の検出による生息調査方法の確立を目指し、環境DNA 回収のための装置の制作や、PCR で用いるベッコウトンボプライマーの設計を行っている。

保護活動へ参加したことで、湿地環境全体の生態系の保全に関わる課題を知ることが出来た。中でも希少なベッコウトンボのヤゴが生息する沼の水やベッコウトンボが飛翔する空気中からDNA を環境DNAとして検出できれば、その地域におけるトンボの生息や種類等の確認に役立てられる。さらにベッコウトンボ、ヨツボシトンボのDNA を特異的に増幅するプライマーの設計も行っている。ヨツボシトンボがベッコウトンボの生息地を奪っているという懸念もある中で、空中環境DNA を検出することでこの2 種の同定が出来れば希少トンボの保護に貢献できる。