< Back

学校名:岡崎市立河合中学校

ゲンジボタルの人工飼育に取り組んでいます。今年は、約5千匹の幼虫を飼育しています。育てた幼虫は、学区の河川や水路に放流しています。
広報誌を発行したり、学校のホームページにゲンジボタルの情報を載せたり、ゲンジホタルの幼虫を育ててもらう「マイホタル活動」や「ホタルの里親活動」などの広報活動を進めています。
カワニナに替わるゲンジボタルの幼虫のエサを探す研究も行っています。

保護飼育活動を続けてきたことで、ゲンジボタルの保護活動は地域に根付いていて、ゲンジボタルは地域のシンボル的存在になっています。
学区の自然環境が改善されてきて、幼虫を放流していない場所でもゲンジボタルが飛び交う地域が増えてきました。
カワニナに替わる幼虫のエサとして、サカマキガイが有効であることが確かめられました。