< Back

学校名:岡崎市立河合中学校

活動による成果・効果または活動によって今後期待できること
・半世紀以上、保護飼育活動を続けてきたことで、ゲンジボタルの保護活動は地域に根付いていて、ゲンジボタルは地域のシンボル的存在になっている。学区にできた岡崎ゲンジボタル河合保存
会には500名以上の方が参加している。
・地域のゲンジボタルの保護活動が定着し、昭和47年に、天然記念物に追加指定された。
・大きな河川でのゲンジボタルの飛翔は減少傾向にあるが、細い小川や水路など、広い地域でゲンジボタルの飛翔が復活してきた。
・「マイホタル活動」を学区の小学校で行ってきたおかげで、学区の小学校にビオトープが造られ、ゲンジボタルの保護活動が小学校でも行われるようになった。