< Back

学校名:福生市立福生第五小学校

昭和47年東京都の愛鳥モデル校として指定され、以来50年近くにわたり、全校児童が愛鳥活動に取り組んでいる。その実施や活動の補助、まとめ等の活動を行っているが、本校愛鳥博士(4年生以上)や愛鳥委員会の児童である。PTAや外部団体とも連携し、自然保護活動も行っている。
①年3回の多摩川周辺における野鳥・自然観察会(春・秋・冬)と多摩川周辺の清掃活動
②各学年がめあての鳥の設定による、野鳥の知識理解
③愛鳥自然委員会の継続的な野鳥観察・調査
④愛鳥博士テストによる愛鳥博士やスーパー愛鳥博士の認定、表彰
⑤巣箱の作成・設置・観察

学校名:福生市立福生第五小学校

野鳥観察会(春・冬)においては、設定された各学年のめあての鳥について、体の特徴や見られる場所などを事前に学習している。観察では、事前学習を生かして丁寧に観察する児童の姿が見られている。また、愛鳥博士、スーパー愛鳥博士テストでは、愛鳥下敷きで鳥を覚えたり、鳴き声CDで鳴き声を覚えたりしている。4年生から愛鳥博士になる児童も出てきている。このように、学校をあげて取り組むことで、今後も野鳥や身近な自然に関心をもつ児童の姿が期待される。