< Back

学校名:勝山市立村岡小学校

福井県内では、勝山市だけにしか自生していないミチノクフクジュソウ(環境省絶滅危惧種Ⅱ種)の保全に、10年以上にわたり児童主体で環境教育の一環として自主的に取り組んでいます。毎春の開花調査から始まり、個体数を増やすための自生地の下草狩りを春と秋に行い、盗掘防止のための立て看板を制作し毎年、設置しています。地域のNPOや行政機関との行動連携も継続しています。

学校名:勝山市立村岡小学校

長年にわたるミチノクフクジュソウに関する知見が蓄積され、年間活動のフローの構築により見通しがもてる取り組みとなっています。2014年から勝山市の全小中学校が加盟しているユネスコスクールのESDの先導役となり、各小中学校のふるさと教育の推進に寄与しています。また、SDGsとの関連付けを図ることで、保全および保護活動の持続可能で発展性のある活動が期待されます。