< Back

学校名:京都大原学院(京都市立大原小中学校)

平成17年に、当時の5年生がオオムラサキの羽の破片を見つけたことから、調査が始まり、大原にオオムラサキがいることがわかりました。その後、オオムラサキの生息環境や保護できる環境を整えるべく、クヌギの植樹や飼育網室の設置を行いました。また,毎年の越冬幼虫調査などにより大原での生息実態の把握にも努めています。さらに、毎年初夏に学校行事として放蝶会を行い、保護した幼虫を羽化させ、自然に放す取組も行っています。現在まで続く長い取組となっています。

学校名:京都大原学院(京都市立大原小中学校)

平成25年に、累代飼育が成功し、今では一年を通じて飼育網室でオオムラサキのいろいろなステージを観察することができるようになりました。
この活動をさらに良いものにして未来に繋いでいくことで、里づくりの指標としてのオオムラサキが、大原の里を自由に飛び回るようになり、「大原といえばオオムラサキ」といった地域のイメージにも繋がるようになる日が来ることを期待したいです。