< Back

学校名:広島新庄学園 広島新庄中学・高等学校

里山といわれる地元の貴重な自然を教材に、生物多様性の保全と環境学習を行っている。総合的な学習(探究)の時間や特別活動、教科の時間を横断的に使い、地域、行政、大学、専門家、NPO団体などと連携し、「持続可能な社会に貢献する人物」の育成を目指している。全体計画にそって、自然の仕組みや人と自然の共存、生物多様性の保全について学び、自然保護活動と自然保護の啓発活動を行っている。

学校名:広島新庄学園 広島新庄中学・高等学校

1 どのテーマの活動も直接希少生物を詳しく観察し、専門家からその貴重さや保護活動などについてご指導いただいている。このことで希少生物への興味関心や親しみが沸くことにつながっている。
2 先輩が後輩にガイダンスしたり、課題研究を先輩後輩で一緒に行う場面をつくるなど、先輩から後輩に活動を伝える場面を作るようにした。異年齢での研究活動は継続性と深化に効果が期待できる。
3 例えばオオサンショウウオの住む川のゴミを拾うなど生徒の自主的な環境保護活動が増えた。これは好きな研究を続けることが、その希少生物と環境を守りたいという自主的な活動につながっていると考える。