愛鳥週間用ポスター原画コンクール

​クリックすると大きくなります

 このコンクールは、全国の小・中・高校の児童・生徒を対象に、愛鳥週間用ポスターの原画を募集(毎年6万点を超える作品)し、その制作過程を通じて野性鳥類についての保護思想を高めるとともに、愛鳥週間(毎年5月10日~16日)の普及啓発に努めることが目的です。
 平成2年度からは日本鳥類保護連盟総裁賞が設けられ、総裁賞に選ばれた作品により翌年の愛鳥週間用ポスターが制作されるようになりました。農林省・文部省(当時)により実施され、昭和43年度(1968年)から当連盟が募集に係わる業務を担当してきました。

●主催及び後援
主催:公益財団法人 日本鳥類保護連盟
後援:環境省・文部科学省・林野庁

●応募資格
小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、各種学校、高等専門学校等に在学中で、18歳以下の者。また、定時制高校に在学中で、19歳以下の者。なお、愛鳥モデル校や環境教育指定校など特定の学校に限りません。大学、美術専門学校は対象外です。

●締切期限
 締切期限は都道府県によりそれぞれが違っています。締切や送付先について、詳しくは各都道府県の担当課までお問い合わせください。なお、学校や個人から直接当連盟に送付されてきた作品については、受け付けておりませんのでご注意ください。ご不明な点ございましたら当連盟までお問い合わせください。
【応募の流れ】 学校 ⇒ 都道府県 ⇒ 日本鳥類保護連盟

愛鳥週間用ポスター原画の貸し出し企画

愛鳥週間用ポスター原画の貸し出しを行っています。
原画制作、制作指導にご利用ください。詳しくは以下をクリックしてください。

貸出概要・申込書

令和3年度愛鳥週間用ポスター原画コンクール 審査結果

 

令和2年10月20日(火)杉並区にあるセシオン杉並において、令和3年度愛鳥週間用ポスター原画コンクールの審査が行われ、受賞作品が決定いたしました。

【審査員】
日本理科美術協会、全国愛鳥教育研究会、環境省、文部科学省、林野庁、公益財団法人 日本鳥類保護連盟からの専門家

総裁賞には、静岡県の福島 大地さん(高校1年生)の作品が選ばれました。

・福島さんの作品と総裁賞授賞コメント


また、各賞につきましては、下の『受賞者一覧』または『受賞コメント一覧』をご覧下さい。受賞された皆さま、おめでとうございます!
 
 ◆受賞者一覧

 ◆受賞者コメント一覧
 
環境大臣賞

 ・文部科学大臣賞

 ・林野庁長官賞

 ・連盟会長賞

​ ・入選

 
【応募状況】
 応募総数:21,685点(小12,593点/中7,777点/高1,315点)
 参加校数:2,596校(小1,342校/中1,063校/高191校)
 今年度もたくさんのご応募ありがとうございました!!

 令和3年度 愛鳥週間用ポスター原画コンクール『総裁賞』
 静岡県 常葉大学附属菊川高等学校 1年
 福島 大地さん

総裁賞受賞理由:
○ライチョウの親子が、高山の厳しい生活環境の中で、ちょっとした瞬間に見せるほのぼのとした温かい表情が表現され、親しみやすく好感が持てる。

○ライチョウの生態をよく理解し、成鳥とヒナの形態や羽毛の色彩、生息環境にある高山植物が背景としてうまく表現されており、メッセージ性を兼ね備えたバランスの良いポスターに仕上がっている。

○絶滅の危機に瀕し、現在さまざまな保護活動が行われているライチョウが、高山の草原に親子で佇む情景をよく捉えた描写は、愛鳥週間用ポスターとしてのメッセージを強く発揮する作品である。

binocular_obi.png
top_banner_1Aa_01.png
simafukuro_banner.png
top_banner_tegusu.png
bp_banner.jpg

公益財団法人 日本鳥類保護連盟

TEL 03-5378-5691  FAX 03-5378-5693

〒166-0012 東京都杉並区和田3-54-5 第10田中ビル 3階

​-アクセス-

東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅下車 徒歩3分。

新宿方面から東高円寺駅改札口を出て階段を上り、左方向に歩くと環状7号線との交差点に出ます。交差点を渡らずに左折し、高円寺陸橋」バス停前のビルです。