六本木ヒルズ

roppongihills.jpg
六本木ヒルズは、森ビルが掲げる「ヴァーティカル・ガーデンシティ」(立体緑園都市)を具現化した日本を代表する大規模市街地再開発事業であり、再開発によって生まれた空間を、庭園や広場、散策路などのオープンスペースとして有効活用するほか、建物の屋上緑化も行っています。

六本木ヒルズでは、六本木という都市の中心部にありながら、四季を感じられる特色豊かな緑空間を育んでいます。
「けやき坂コンプレックス」の屋上庭園では、水田や畑を設けた日本の農の風景を創出するとともに、お米や野菜作りなど、六本木ヒルズのコミュニティ活動の場として活用されています。

また、江戸時代の大名屋敷のなごりを今に伝える広大な日本庭園である約4,300 ㎡の「毛利庭園」は、池や渓流のせせらぎ、四季折々に変化する植物の変化を楽しむことができます。
moriteien_sibafuhiroba.jpg
毛利庭園と芝生広場
karugamo_roppongi.jpg
緑地内で繁殖したカルガモ親子
六本木ヒルズのメインストリートである「六本木けやき坂通り」は、道路と沿道建築物とを一体的にデザインし整備することによって、ゆとりある歩行者空間とケヤキ並木がよく調和したストリートになりました。

また、豊かな緑空間を利用したワークショップやバードウォッチング等の様々なイベントを通して、一般の方々に広く都心の緑空間の大切さを知り、感じ、楽しんでいただく取り組みを続けており、今後も、都市の生態系を育む緑空間の意義を伝える活動を続けていきます。
taue_roppongi.png
田植えイベントの様子
ホームページはこちら>>